イヌのインデックス!さいこーな気分だぜ!

こんなにもかわいいとは

ミックス犬を飼いました。ペットショップの店長からはミックスだとどちらが強く出るかによってどれだけ大きくなるかは分かりません、と言われました。
どんどん大きくなります。でも想像以上にかわいいですね。こんなにもかわいいとは思っていませんでした。大きくなればなるほどその存在も増していつも一緒にいたいと思うし自分の子どもよりかわいいかもと思ってしまいます。なにかを話しかけても言葉がわからないなりに一生懸命首をかしげてきこうとする仕草がかわいらしくてたまりません。この子のために色んなことを犠牲にしていますがそれも幸せなことです。最近初めて餌を食べないということが起こりました。前はがつがつ食べていたのに心配しています。話せないということはこんなにも気にかけるということなのでしょうね。かわいくてなりません。

 

ペットショップの取り締まり

元々猫派であったが、妻が犬派であり実家で飼っていた実積もあったので、犬を飼うことになりました。

ペットショップへ行き、飼いやすいトイプードルを選び我が家に招く事になりました。
更に一年後、妻が一匹では寂しいとの事で、同じペットショップでトイプードルを選び、2匹の面倒を見ることになりました。

それまで犬に関する知識はほとんど無いため、ネットで検索し、色々な事がわかりました。

代表的な犬の10戒は、それなりに考えさせられましたが、それ以上に衝撃だったのは、ペットショップの闇と殺処分の現状です。
何気なく訪れていたペットショップには子犬しかいないこと、確かに少し考えれば解る事だが、あまりにも無関心であった自分を悔やみました。

保健所に連れていかれる犬の事を、ふとしたきっかけで考えることがあります。
そもそも生き物の命を、商売として成り立っている事が間違っている。人間に置き換えれば人身売買と同じようなものだ。
殺処分0を目標とし、ペットショップへの規制(営業時間の短縮ぐらいじゃ緩い)、或いは廃止が必要ではないかと考えます。

 

 

縄文柴犬

縄文柴犬のハナコがうちに来て8年になります。
縄文柴犬ってなかなか聞かない犬種だと思いますが、実際レアな犬種らしいです。基本的には柴犬なのですが、縄文時代の狩りのためのお供だった筋肉質な柴犬が、今もその形をそのまま残している犬種ということで、縄文柴犬というそうです。
実際にうちのハナコは柴犬よりも少し小さく、脚はスラッと長く筋肉ムキムキで、顔はシュッとしていて、くびれも綺麗にくびれています。狼やキツネに間違えられたこともありました。
やはり狩りのための犬種だったということで、動きも俊敏でよく走ります。動物は少しぽっちゃりしている方が愛嬌があってかわいいと言われがちで、その点ハナコはシュッとしたモデル体型なため、一般的にかわいいとは言えないかもしれませんが、それを覆すほどのスタイルの良さではあります。
たまたま出会った縄文柴犬ですが、他にもこのようなレアな犬種に出会ってみたいと思います。

 

 

癒しの犬たち

わたしの実家のすぐ近くにある池は遊歩道があり、毎日たくさんの犬が散歩しています。わたしの家も犬を飼っていて、もちろん毎日その池で散歩をします。
毎日となると、だんだんみんな人も顔も顔見知りになってきます。人間同士は大抵にこやかに挨拶を交わしますが、犬は相性があり、仲良くじゃれ合うときもあれば、激しく唸りあったり取っ組みあったりすることもあります。
そういうのを見てると、犬って本能でうらやましいなあ、と思います。人間もどうしても人に対して好き嫌いはありますが、大人はそれ顔には出せないものです。しかし散歩している犬を見ていると、好きな相手嫌いな相手にそれぞれわかりやすく感情を示していて、犬になりたいなあとつい思ってしまいます。
ただ、犬の望んでいるタイミングでお散歩に行けなかったり、ご飯をあげられなかったり、どうしても人間の都合になってしまっていて、それでも犬が忠誠心を持ってくれているのを見ると、やっぱり自由に生きてきた人間に犬は務まらないなあ、大事にしないとなあ、と思います。

 

 

犬をお家に迎える前に必要なこと

最近は犬をお家に迎える家族は増えてきていると思います。子供のために飼う、独り暮らしの寂しさを埋めるため、高齢者の活気を取り戻すため、様々な理由でお迎えされるようになってきました。

ただ、その一方でその時の勢いで後先のことを考えずに迎えてしまい、犬アレルギーが出たから、犬を飼ってはいけない賃貸に暮らしていたから、経済的にきつくなったから、飼い主が他界してしまったから、といった理不尽な理由でせっかくお迎えした犬を手放す人もいます。
犬は飼い主に精一杯の愛情や癒しを私たちに無償でくれていたにも関わらず、勝手な人の都合で、人の言葉を理解出来ない犬はいきなり離れていってしまった飼い主にとても悲しみを感じるでしょう。
時には新しい飼い主さんが見つからず、一生を冷たい部屋で過ごして終わる犬もいるでしょう。

そんなことが少しでも起こらないように、私なりの意見で犬をお迎えする前に3点のポイントで話したいと思います。

①経済的余裕
犬を飼うには必ずお金がかかります。
ご飯、ペットシーツ、予防薬、狂犬病、
万が一の病院での診察費、犬種によってはトリミング。
また、夏にはクーラー、冬には暖房と電気代が一気にかさみます。
犬種によっても大型犬を飼うと、予防薬は体重によって値段が大きく変わります。
犬が高齢化した時には、病院へ行く回数も増えるでしょう。犬には人間のような国民健康保険はなく、任意での動物保険しかないため、診察費はかなり高くつきます。

②居住空間
犬を飼ってもいい家なのかが大きくポイントになります。
一軒家なのか、賃貸物件なのか。
賃貸物件なら、動物を飼育してもいい物件なのかを必ず確認をとる必要があります。犬を飼ってはいけない物件でバレないから大丈夫という考えで迎えてしまう人も多いが、犬は吠える生き物です。バレます。
バレた時に家を出て行かなくはいけないことなったり、もしくは人の全てが犬を得意とするわけではないので、苦手な人にとったら迷惑でしかありません。
必ず、犬を飼っていい居住空間で飼ってください。

③家族の許可
家族はみんなが犬を迎えることに賛成しているのかという事です。
例えば、独り暮らしの高齢者が犬を迎えるのであれば、万が一高齢者が犬を飼えなくなった時に面倒を見てくれる他の家族が居てくれないといけません。
犬は1人では必ず生きていけません。
高齢者が犬を迎えることは脳の活性化に繋がり、長生きできると言われてるぐらいなので、犬を高齢者が迎えるなとは言いません。
ただ、高齢者が入院をしなくてはいけなくなったときに預かってくれる家族がいる、高齢者の飼い主が他界したときに引き取ってくれる家族がいるということはとても大切なことです。

以上になります。
最後に犬はオモチャでも飾りでもありません。
命があり、私たちに一生懸命向き合ってくれる生き物です。
少しでも多くの犬が幸せな一生を過ごせますように。

 

 

あなたは犬を飼ってはいけない。

犬を飼っている人なら、わかると思います。仕事を終え、家に帰ってきたらめちゃくちゃになっている部屋。犯人は当然あなたの犬です。その時犬に怒りながら部屋を掃除する人たちはどうして部屋をこんなにしたのと聞きたいと思うはずです。あなたの犬がそういう行動をしたのは寂しいからです。一人いる部屋で犬はあなただけを待っています。でも、あなたがいつ帰って来るのか犬はわかりません。だから落ち着いていられなくて部屋を散らかしたり、誰もいないのにうるさく吠えたりするのです。もし、犬を飼いたいと思っているなら一度考えてください。家に帰った時、誰もいないのは怖いから犬でもいたらいいなという考えで犬を飼ってはいけません。しかし、犬を飼う人たちの半数はそういう理由で飼っておいて、吠えたり、家を散らかすからと捨てます。だからあなたは犬を飼ってはいけません。あなたは犬を一人にさせないと言えますか?

 

 

学校で飼育しているわんちゃん

私は動物の専門学校に通っています。
勉強のメインは、動物の病気の事についてなのですが、私はトリマーになるのが夢です。トリマーの委員会にも入っています。
学校では、わんちゃんを1頭飼育しています。トイプードルの女の子です。
ブリーダーさんのわんちゃんで、もう2歳半の成犬ですが、とても可愛いです。とても可愛いのは嬉しいのですが、とてもビビリです。
ビビリだけどなぜ可愛いかというと、毎日そのわんちゃんに会いに行って、毎日話しかけてあげると懐いてくれるからです。
ほかの人にはビビるのに、毎日顔を合わせている私には懐いてくれるのって、誰でもすごく嬉しいと思います。
ですが、私と顔を合わせている時もへっぴり腰で、完全に懐いているとはまだ言えません。ほかの人よりは、ビビリ度合いが少ないというだけです。
これからも、そのわんちゃんに負担をかけない程度に毎日遊んであげようと思っています。

 

犬について、色んな事を思うようですね。きっと私も愛犬について色んな事を思ってしまいます。きっとあなたも愛犬の事を第一に考えて、色々思っているはずです。しっかりと分析しましょう!

 

 

犬にモテた体験談

私は極度の犬好きで、いつもバードウォッチングならぬドッグウォッチングしてしまいます。

そんなある日、水族館付近の公園で休憩していたら、犬が寄ってきたことがありました。

ある時はジャックラッセルテリアにスカートを押され、またある時は1匹のチワワがいきなり膝の上にのっかっていました。

まず、ジャックラッセルテリアにモテた話をします。

ベンチに座って休憩していた時に、いきなりジャックラッセルテリアが私の近くに現れ、スカートの上に前足をちょこんと乗せてきました。

ジャックラッセルテリアは基本的に外遊びが好きな性格をしているのですが、まさか女性のスカートの上に足を乗せてくるとはこれまた見ていてニヤニヤしてしまいました。

もちろん、後になって飼い主さんが謝りに来てくださったのですが、不思議なことに私のスカートには泥1つ残っていませんでした。

その時に私は今まで「犬にまでモテる」ことは予想していなかったのですが、これを機に「犬にモテるのも悪くないな」と思いました。

次に、チワワにモテた話をします。

長距離を歩き回って疲れ、私はまたあの公園のベンチで座ってくつろいでいたときの事です。

公園の広い部分を見渡すと、そこでは犬たちが楽しそうに徒競争をしていました。

しかし、1匹のチワワが徒競争などほったらかしていきなり私の膝の上に乗っかてきたのです。

チワワはもともと人にかまってもらうのが好きな「かまってちゃんタイプ」のワンちゃんなので、膝の上に座って落ち着くのは仕方がないとも思いました。

それにしては違和感がありました。なぜなら、飼い主ではなくただくつろいでいるだけの女性の膝の上に乗っかてくるのはなかなかないことだからです。

私は茫然とチワワを見て、思わず「かわいい」と小声で呟いてしまいました。

もちろん、チワワが膝の上に乗っかているので身動きが取れないまま、ただただ見つめていました。

しばらくすると徒競争で1匹だけゴールしていないのに気がついた飼い主さんがわざわざ謝りに来ました。

そしてその子は「人に迷惑をかけたらだめ」と叱られていましたが、その様子を見て私は、飼い主さんは散歩のマナーを守れるいい愛犬家だなと思いました。

 

 

愛犬の性格

私が中学生の頃から飼っているのは、シーズーの女の子です。

ペットショップを覗いたら、同じスペースにいる猫ちゃんと元気に遊んでいました。最初は母が気に入ってしまい、飼いたいとずっと言っていたので、私も協力することにしました。

私も動物が好きな方だったので、これから愛犬になるシーズーちゃんを可愛がろうと思っていました。

愛犬は、まーちゃんという愛称でみんなに可愛がられています。

子犬の頃はやんちゃで、家の箱ティッシュで遊んだり毛布をかじったりして、母が怒っていました。しかし、7歳になった今では落ち着いてきて、まーちゃんを見た友達は「大仏みたい」「ぬいぐるみみたい」と言ってきます。

大人しくて、よっぽど嫌なことをされない限りのんびりしているので、大仏と言われたのだと思います。

私も周りの人に、マイペースで動きが遅いとよく言われます。

やっぱり飼い主は愛犬に似てしまうのですかね(笑)

 

 

日本犬の歴史と南蛮貿易による犬の変遷

日本に生息していた犬の歴史は、縄文時代にまでさかのぼることができます。9400年前の地層から犬の骨が発掘され、これが日本犬の先祖として「縄文犬」と呼ばれています。

また、縄文時代、弥生時代の土偶や埴輪には立ち耳、巻尾の犬の姿があり、現代の日本犬に通じる姿を見ることができます。

織田信長や豊臣秀吉の時代(16世紀頃)に海外からいろいろな種類の洋犬が渡来、大正時代には洋犬が増えるにつれて日本犬と洋犬の交雑が始まりました。

島国で長く純潔性が保たれていた日本犬ですがこの頃から急に雑種化が進み、その後昭和9年に日本犬保存会が設立され「日本犬標準」を制定しました。

日本古来の犬種を残そうという動きから日本犬の7犬種(越の犬、秋田犬、北海道犬、甲斐犬、紀州犬、四国犬、柴犬)が天然記念物に指定され、現在は越の犬以外の6犬種が天然記念物に指定されているのです。

https://dog-slowlife.net/

更新日:

Copyright© モグワンドッグフード。食べる?食べない? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.