ドッグフードの真実が知りたいのです。

決まったフードをあげていない

うちにはもう少しで2歳になる猫がいますが、決まったペットフードというものはあげていません。

何故かというと、例えば最近あんまり水を飲んでないなという時にはウェットタイプのフードをあげたり、毛玉がすごいなという時は毛玉があまり出ないフードを。と猫の体調を考えて変えているからです!

さらにうちの猫は飽き性で同じ種類のご飯が続くと飽きてしまい、食べなかったりするのでペットフード選びにも毎回苦労しています。

1番のこだわりというのは「猫が美味しそうに食べてくれるフード。」ということですね。2番目となるとやはり安さですね。笑

美味しそうに食べてくれて、尚且つ、安さもそれに比例してくれれば嬉しいのですが、なかなかそうはいきませんね。

あとご飯後のカニカマスライス(猫用オヤツ)はかかせません。

もしかしたらそれが1番美味しいのかもしれませんね。笑

 

私のペットフードのこだわり

私が考えるペットフードのこだわりはまずは原料の質の高さです。ペットフードの原料の中身が安心できるような安全な無添加の素材を使っているものが良いと思います。着色料や保存料などの添加物をあまり使用せず、パッケージは少量ずつのパックにしたりなどの工夫をしたりして少しでも安心してペットに与えることのできるようなフードがいいと思います。見た目のために着色しているものもありますが、動物は彩は気にしないので人間の気持ちの問題だと思うので、着色料は使う必要はないと思います。

他には嗜好性も重要だと思います。私が以前購入していたものは私が匂いを嗅いであまりおいしそうな匂いのするフードではありませんでした。ですので私が飼っている子はそのフードが好きではなくおやつを混ぜたりしないと絶対に食べませんでした。子犬の頃からフードに興味のない子だったのでそのせいかなと思いましたが、フードの匂いがあまりよくないのでそのせいなのかなと思いました。そこで新しいフードに切り替えてみました。そのフードは私が嗅いでみたらおいしそうな匂いのするフードでした。すると愛犬はそのフードにすごく喜び、何も混ぜないで食べるようになりました。色々な種類のフードを試していますが、最初にあげたフード以外は匂いもよく嗜好性も高いと思ったのでどんな子も好んで食べてくれるフードが多くあればと思います。

その他にも価格を気にしています。あまりにも安すぎるものは不安があるので避けています。高すぎるのも家計が不安になるので中間位のフードを選ぶ様にしています。安すぎると何か悪いものが混ざっているのではないかと不安になるので購入しないです。

私はこのような点でペットフードにこだわっています。

 

 

絶対に添加物ゼロ!

可愛いかわいい大切な家族でもある、ワンちゃんや猫ちゃん。

人間が食べ物にこだわるように、もちろんペットフードにもこだわりを持ちたい!そんな私は絶対に添加物ゼロのペットフードを選びます。

人間が何を口にするかで体調も、見た目ですら変わってくるように、小さい動物が食べ物による影響が出てこない訳がありません。毛並、匂い、体調等、ペットフードだけでなくお水ですら変わってくるとも言われているなか、ペットは自分で食べるものを選べません。なので人間の私たちが美味しいものを食べたいように、もちろんペットも美味しいペットフードを食べたいし、味の判断もします。もちろん生活環境などでストレスも変わってくるとは思いますが、ペットの為にできる一番簡単に変えられる事。それが毎日のペットフードです。食べ物によっていつでも最高のコンディションでできるだけ一緒に過ごす時間を長くしたいので、私のこだわりは絶対に添加物ゼロです。

 

適正な量を与えること

ペットフードのパッケージには体重や年齢によって与える適正量が記載されています。

しかしわざわざ計量をするのはかなり面倒だと思います。

そこで最初から小分けになっているペットフードを選ぶようにしています。

 

小分けになっているのであれば、毎食同じ量を与えることができますし、面倒なことはありません。

それだけではなく、小分けになっていれば新鮮な状態を維持することができます。

大袋のペットフードはパッケージに酸化を抑える加工がされているものもありますが、いつも開けたての状態を維持することはできないと思います。

小分けであれば、開ける度に新鮮な状態なので、酸化をしたものを与えずに済みます。

 

他には飼い主の我儘ですが、パッケージが可愛いものやバーコードを集めるとプレゼントをもらうことが出来るキャンペーンを開催しているなどを選んでいます。

 

自分なりのペットフードへのこだわり

転勤先で縁あって購入となり現在13歳のチワワ(オス)を飼ってます。

自分のペットフードへのこだわりの一つは「国内生産重視」。

過去に中国で生産されたペットフードが原因で次々と犬が死亡したニュースを見た事が有り、それ以来国内生産のペットフードにしています。やはりペットとはいえ我が家の一員。人間と違い与えられた物しか選べない(人間と違い好き嫌い出来ない)と思うのでその点を重視しています。

もう一つは「野菜と果物と適度なサプリ」。

野菜、果物は犬に与えても良い物限定で与えてます。ペット用の肉だけでも良いかも知れませんが違う食感と味を経験させるために与えてます。特別にオーガニックとかでは

無い、普通のスーパーで市販されている自分の食事にも使用する分から少し与えてます。

ショップで購入した際に成長期で有った為か犬用のカルシウムを与えていた事から現在も同じカルシウムを与えてます。最近は13歳というシニア犬なので関節用の健康補助食品も適宜与えてます。やはり人間同様、歩こうとしなければ元気とは言えません。そのお陰か13歳ですが毎日2回の散歩は喜んで行きます。

ペットでは有りますがやはり飼った以上は我が家の一員。自分の身内同様食事に気を遣う感覚で、以上のこだわりで選んでます。

 

 

やっぱり経済的に余裕がないと、安易にかわいいからと犬を飼うと大変

以前は子犬の時にはペットショップで与えていた物と同じ物で外国産のキロ3000円位の物を与えていましたが、8ヶ月位になってくると体格も安定し成犬になってきたということで少し値段を抑えて国内産のペットフードを考え始めました。外国産は品質や成分がしっかりしていると言うイメージと逆に国内産は品質を問う声が多いと思います。よく何が入っているのかわからないと言われていますよね。ただ値段的には、リーズナブルで毎日のこととなると健康で若い犬なら基本、何でも食べてくれるので最終的には値段を見てしまいます。毎月毎月のペットシーツ代や夏はエアコンにノミダニ予防にフィラリアなど、お金がかかることがいっぱいです。そしてよくCMに出ているメーカーなら「まぁいいか」と思い購入し、茹でた野菜や卵などと一緒に混ぜて少し健康面や味の方もバリエーションを考えながら与えています。

 

愛犬に合ったペットフードの与え方

愛犬の食が細く感じたり、全然ペットフードを食べてくれないと感じたことはありませんか?元気なのに食欲がないと病気ではないかと飼い主さんも心配されますよね。わんちゃんにもペットフードの好き嫌いがあり、愛犬の好みを知る事で食欲が増えることもあります。

・ドライフードをふやかしてみる

ドライフードを水やお湯でふやかして与える方法です。いつものドライフードに少し水かお湯を入れ、5分くらい待つと水分を含み食べやすい状態になります。

 

・ドライフードからウェットフードに変えてみる

わんちゃんの中にはカリカリのドライフードよりも食べやすいウェットフードが好きなわんちゃんもいます。またウェットフードにはパウチタイプや缶詰めなどがあり野菜入りやビーフ入りなど様々です。一気にたくさん買うのではく、一つづつ試してみるのが良いでしょう。

 

・好きなものを少し混ぜてみる

色々なフードを試しても食べない場合は愛犬が好きなものを少し混ぜてみるのも良いかもしれません。あまり多く入れてしまうと肥満の原因やそれ無しでは食べなくなってしまう可能性があるため、主食であるフードの邪魔をしない程度がオススメです。

 

我が家ではカリカリの状態では全く食べなかったので水でふやかして与えてみると3分程で平らげてしまうようになりました。色々な方法を試してみても全く食べず食に興味を示さない場合は動物病院へ相談するのも良いと思います。

 

食べさせてみないとわからない犬の気持ち

いくら高品質で良いフードと言われても、肝心のワンコが食べてくれないと何にもなりません。

ましてやお腹が緩くなったり保存しづらいパッケージだったりしたら買うのをためらいます。

私がこだわるポイントは、すぐ手に入ること、ワンコが喜んで食べて健康に過ごせることなので

特にメーカーなどにはこだわりません。

色々試してワンコが気に入ってくれたものをあげています。

結構好き嫌いのある子もいて頑固に一日食べなかったりしますが

きっとワンコも同じものを食べ続けると飽きるのでしょう。

そこで甘い顔を見せておいしいお肉なんかあげてしまうと

次からはもっとおいしい物をくれというようになって大変です。

手作り品は案外栄養が偏るような気がするしあげてはいけない物まで入ってしまいそうだし

完全栄養食のドックフードがやはりり安心ですね。

それと飼い主の気持ちを言えばゴミが少ない方がいいかな。

いつも新鮮で食べられる、冷凍ドッグフード。

犬のご飯は、ドッグフードというのが定番になってますが、でも袋を開けてから、ドッグフードはどんどん酸化していくのです。

 

私はなるべく小分けパックのものを買い、そして封を開けたら冷蔵庫で保存するようにしています。なるべく新鮮なものをと思っているのです。

 

人間もそうですが、最近の冷凍というのは瞬間冷凍で、食材の良さをそのまま冷凍して、いつでも簡単に食べれることができます。

 

犬用のご飯も、冷凍で保存したら、おいしくて新鮮で、栄養価も保てるのではないかと思っているのです。電子レンジで温めたらすぐに食べられるのがいいと思います。

 

犬用の肉だけ、野菜のボイル、もしくはすべて混ぜたまぜまぜご飯など、いろいろなレパートリーがあるといいです。私は、人間用の冷凍野菜などを温めてから、ドッグフードに混ぜたりしています。

 

犬の栄養とカロリーなどきちんと計算することは難しいので、そういった冷凍ドッグフードがあると嬉しいと思います。

 

子猫用フードについて

現在生後2ヶ月の子猫を4匹飼育中です。
初めての子猫の離乳食で苦戦していることがあります。
食欲旺盛な子猫ですが、ドライフードを食べてくれません。買いに行きいつも思う事は、外袋に表示されている中身の情報の少なさです。
一番ほしい情報は、餌の大きさです。せめて袋の一部が透明で中が少し見えたら便利だと思うし、試して見ようかと思います。外側から指先で感じ取るには限界があると思います。
小さな口で少ない歯で美味しくたべさせてあげたい色々とためしてあげたいので比べて選べる、中身の見える商品があったらほしいと思います。もしかしたら、わたしが知らないだけかもしれませんが、もしそうだとしたら、そんなドライフードを多く発売してほしいと思います。写真でなくあくまでも実物が外側から見たいと思っています。よくをいえば何粒か外についていたらいいですね。

https://dogfoodnatural.net/

更新日:

Copyright© モグワンドッグフード。食べる?食べない? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.